仕事に関する取り組み方

残業をしないIT企業「トレンディハウス」

当社は創業以来、基本的に残業はしない主義を貫いています。始業時間は午前8時、午後5時で定時退社となり、その後の電話は留守電対応となります。たまに同業の社長から「そんなことでお客様から何も言われないの?」と質問を頂きます。そんな時は必ずこう答えます。「ウチが遅くまで営業していることがお客様の望みでしょうか?」続けて「お客様には、移り変わりが早いといわれるIT環境(時代)の変化に対応できる能力を有し、求める成果を達成するためのサービスを提供することでは…」と。それでも納得のいかない顔をして「ウチでは無理だなぁ~」と話が終わります。

そうそう、IT企業のイメージを「長時間勤務」とおっしゃる方が多いのではないでしょうか。確かに業界の中には、オフィスに寝泊まりして昼夜を問わずモニターを睨み、キーボードをたたいているといった姿が無かったわけではありません。

しかし、当社では、良い仕事が出来る条件の一つに「プライベートの充実」を挙げています。プライベートの充実を画一的な物指しで表すことはできませんが、「時間の余裕」は重要なファクターだと考えています。家族との関係を大切にできる時間、個人的な趣味や興味のあるものに費やす時間など、日々の時間はとても大切です。

仕事に対する考えや取組み方、目的意識に個人差があることは間違いありません。しかし、やりがいのある仕事と、意欲的に仕事に取組むことの出来る職場環境を提供することが会社の役目と考えています。つまり、そうした環境を創造することが、お客様に対して満足度の高いサービスを提供できる一つの方法と信じて、残業をしないIT企業「トレンディハウス」がここにあります。For the smile of all みんなの笑顔のために…

(引用:トレンディハウス季刊誌「とれいろ」第2号より)